トップページ > こだわり

焼津港の幸とともに

私どもカクニンベンうさぎ屋のはじまりは天明八年。およそ二百二十余年、焼津港の幸とともに年月を重ねてまいりました。

当地、焼津は古く江戸の昔より、駿河湾の豊穣な恵みを背景に漁業が盛んに行われており、特にかつおは質、量ともに全国にその名が知られておりました。質においては時の将軍家に献上されていたほど。

量においては、かつおの保存方法としてのかつお節製造が普及、その一大生産地であったほどです。

そんな焼津の風土のなかで、創業当時の私どもの先達も船を持ち、漁に出て、かつお節など水産加工業を生業としていたと伝えられております。

まぐろの角煮と、かつおの角煮との出会い

佃煮(角煮)もまた江戸の昔にまで淵源を有し、本来は小魚の保存手段として普及しました。特に、江戸・佃島で製造された“佃煮”は大名家などの贈答用としても珍重されていたようです。

佃煮とけして小魚とはいえないかつおとの出会いは昭和初期。ある年、かつおの大豊漁に恵まれましたが、冷蔵手段もままならない当時、かつおの新しい可能性が模索されました。そこで生まれた産物がかつおの角煮。うさぎ屋もいち早く製造に着手し、好評を博しました。各種水産加工品製造、仕出し業など代々に受け継がれた老舗の粋に安住することなく、進取の気概が先々代のこの時、発揮されたのではないでしょうか。

昭和三十~四十年代には遠洋漁業の発達とともに、焼津港はかつおのみならず、まぐろ水揚げの拠点としてさらに大発展。この時も、柔軟な発想力でまぐろの角煮に着手。焼津のうさぎ屋といえば、かつおの角煮、まぐろの角煮と呼ばれるほどの味と品質を育んでまいりました。

駿河湾の恵みに感謝

うさぎ屋では、かつおならびにまぐろの角煮に最適な専用特別醸造の薄口醤油を使用。厳選された焼津港産のかつおやまぐろの濃厚な旨味を引き出しながら、上品な味わいに仕上げております。また、口にした瞬間の食べ応えとホロホロとほぐれる食感は匠の技とも言える“炊き上がり”の妙。季節や素材の状態によって異なるこの間合いを先代は「匂いでわかる」と。

現在では、ボイラー設備を導入し最新のBx計で綿密にチェック。匠の技を継承しながら、いつ、いかなるお客様にも徹底品質管理で“いつものおいしい”をお届けしています。

さらには、温度管理、衛生管理など安心・安全へのこだわりは老舗の進化系と自負しております。

いままでも、これからも駿河湾の恵みに感謝。創業三百年へ、常に時代の潮流を見極めながら、焼津港の“おいしい”をお届けいたします。

本サイトはお使いブラウザ InternetExplore6 では閲覧に支障があります。InternetExploreをアップデートするか別のブラウザでアクセスをお願いします。
わからない方はこちらを参考にしてください。